その他

4つの思い込み解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2774722999_133fe3a5fa_z

「自分は必要のない人間だ!」

こういう思い込みは、無価値感の代表的な表れです。

無価値感は、私たちにいろんなことをささやきます。

普通にしていても、「お前は世の中に必要のない人間だ!いてもいなくても一緒だ」と言ってきたり。

会社で昇格しても「みんなお前が昇格したことが面白くないんだ。だから妬んでいるぞ!」と言ってきたり。

結局、どんなことが起こっても無価値観は私たちに「お前はダメで、価値がないヤツ」という言葉を浴びせてくるのです。

手も足も出なさそうな無価値観ですが、生まれた時から「自分は世の中に必要とされないのだ~」って言ってる赤ちゃんはいません。

そもそも、赤ちゃんは「自分」という存在と「他人」という存在の区別すらつきませんから。

成長するにしたがって、私たちは「自分は必要のない人間だ!」という間違った思い込みを持ってしまうのです。

そんな思い込みを解消する魔法の4つの質問をご紹介します。

  1. その思い込みに合理的な根拠はあるか?
  2. 間違ってそう思い込んでいる可能性があるとしたら、どんなか?
  3. 他の人が同じ状況に陥っていたとしても、自分は同じ結論を下すのか?
  4. なぜそれが真実だと思っているのだろうか?

よーく自分に問いかけてくださいね^^

もし気づいたことがあれば↓のコメント欄にメッセージ下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す