その他

人より劣っていることを証明できますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
15652898242_442b89b086_z

もし、あなたが「自分は人より劣っている」と思っているなら次のお話を聞いてください。

例えばですけど、ある学会が開かれたとします。

その学会には数学者や物理学者、生物学者などの科学者がズラリ。

みんな、”ある人”の研究発表を聞きに来ています。

その、ある人とは、「あなた」です。

あなたは、大勢の科学者の前で、一つの研究発表をすることになっています。

テーマは「私が人よりも劣っている理由」です。

もちろん科学者たちは、客観的にものを考えるスペシャリスト。中途半端な発表では科学者たちが納得するはずがありません。発表は大失敗に終わってしまいます。

学会は客観性が重要視される場ですので、あなたは私が人よりも劣っている理由を”客観的に証明”しなければいけないのです。

だから「○○と思う・・。」ではダメです。誰もが納得する根拠が必要です。

さて、学会の発表会は明日です。

今日中に「私が人よりも劣っている理由」を、まとめて発表できるようにして下さい。

もし、できなかったら、明日の学会の発表会はドタキャンしなければいけません。

さて、よければ実際にやってみて下さい。

もし、書けたら実際に私にコメントいただきたいです。コメントは下のフォームに書き込んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 橋本桂吾 より:

    論文ほどではないのですが・・・。

    自分が人より劣っている理由を
    言えます。

    それは、「長所も短所もない」
    ということです。
    何かがいい面も悪い面も抜きんでているわけでもなく、
    悪い面のみが出ているので、
    自分は劣っていると、はっきりといえるんです。

    これを書く前に、
    「証明できた文をかけるなら、自己分析できるんじゃん。
    筆写出来ませんよ。私が劣ってますよ」
    と言われそうですが・・・。
    まあまあ、念のため。

    自殺前に言っておきますね。

  2. hisato より:

    橋本桂吾さん

    コメントありがとうございます^^

    「長所も短所もない」とおっしゃっていますが、さらにその理由を説明できますか??

    「○○だから長所は一つもないと言えます。」という形で。

    例えば、「過去に失敗ばっかりしてきたから長所は一つもないです」のように。

    でも、この答えでもまだ突っ込みどころ満載です。学者たちは次々に突っ込むでしょう。

    ・何をもって失敗ばかりと言ってるんだ!?
    ・本当にうまくいった経験は一つもないのか?
    ・あなたは本当に今誰の役にも立っていないのか?
    ・これまで長所を褒められたことは一度もないのか?

    とか、口々に言うでしょうね。「それを証明してくれ!」と。

    学者に反論させてはいけません^^;

    もし学者に反論の余地があるなら、橋本さんの発表はまだ「思い込み」である可能性が高いかもしれません。

    もう一度、自分を振り返ってみて!

コメントを残す