その他

2つの記憶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Brain

記憶には2種類あるのをご存知ですか?

例えば、あなたは昨日の夜ご飯何を食べましたか?

家で自分で作って食べたかもしれません。
コンビニでお弁当を買って食べたかもしれません。
友達と外食したかもしれません。

まあ、いずれにしても何か思い出しましたね?

では、別の例を。

例えば、「無意識的に父親のような人を苦手に感じる」とか「無意識的に母親のような人に怒りを感じる」という場合です。

これも、実は記憶なんですね。

今、2つの例を出しましたが、明らかに種類が違いませんか?

そうです。記憶には2種類あります。
意識の記憶と無意識の記憶です。

この2つの記憶は脳的に見ても性質が違います。

意識の記憶とは、単に過去の情報を思い出したときの記憶で、思考的記憶と言います。

意識の記憶には感情はあんまり伴わなくて、単純に出来事として脳の海馬という領域に保存されます。

一方で、無意識の記憶は扁桃体という領域に保存されます。

扁桃体は感情を司る領域なので、無意識の記憶には感情が伴います。つまりトラウマとかの記憶がこれに分類されるわけですね。

ちなみに、扁桃体の活動は、理性を司る大脳皮質のはたらきによってコントロールできます。

つまり、理性を育てていくことでトラウマ的な無意識記憶も改善していけるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す