その他

ものの見方について誰もが知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eye 2

マナーや決まり事をきちんと守る人ほど陥りがちなワナがあります。

それは、世間が低俗に見えたり、下品に見えたり、不親切に見えたり、自分勝手に見えたり、人に譲ろうとしない人ばかりに見えたりすることです。

その結果、自己嫌悪となって自分に返ってきます。まさに自分で自分を苦しめる結果になるわけです。

ここで”見える”というのがポイントです。

私たちは、自分の都合のいいものしか見ない修正があります。

例えば、今から私がある動画をご紹介します。

この動画には、黒いTシャツの人3人、白いTシャツの人3人が登場します。

あなたは白いTシャツの人が何回パスをし合うかを数えてください。大丈夫ですね?黒いTシャツの人には惑わされてはいけませんよ!?

回数をチェックし終わるまで、文章は先に読み進めないでくださいね^^

では、こちらの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=IGQmdoK_ZfY

いかがでしたか?

回数は分かりましたか?

ここでは、回数は発表しませんが、実は回数はそれほど大事ではなかったのです。それ以外にもう一つ大事なことがあります。

動画の中で、ゴリラが通ったことに気づきましたか?

私は、初めてこのワークをやったときに、ゴリラに全く気付きませんでした。

そして、驚くことに、そこにいた30人くらいの人のうち、20人くらいは、私と同じようにゴリラに気づいていなかったのです。

なぜか?

私たちは、「白いTシャツの人を見よう」と心に決めていたからです。

要するに、私たちは日常的に、こういった偏ったものの見方をしてるってことなんですね。

でも、「自分はあるがままの事実を見ている」と”錯覚”しているんです。

だからもし、世間が無作法な人ばかりに見えたとしても、それは世間の人のほんの一部分かも知れません。

よく観察してみると、人のためにプレゼントしてる人がいたり、人に親切に場所を譲っている人がいたりするものです。

そして、同じ偏った見方をするでも、何に偏るかは自分で選択できます。

例えば、さっきの動画で、今度は「黒いTシャツの人を見る」と心に決めてください。全く違う世界に感じられるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す