その他

嘘をつくと損をする理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ee12a8517c906113d89b06566d27772d_s

「嘘をついてはいけません」
そんな事は当たり前だと誰もが思うかもしれません。

でも、どれだけ多くの人が嘘をついているでしょう。

とくに、嘘がクセになっている場合は注意が必要です。

例えば、自分をよく見られたいと思う気持ちが強い人が、人には分からないくらいのウソを言ってしまうことがあります。

実際、月収が20万円なのに30万円と言ってみたり、彼氏がいないのにいると言ってみたり、できないことをできると言ってみたり・・・。

その裏には、「嘘をつくことで自分がよく見られるハズ」という思い込みがあります。

でも、本当にそうでしょうか?

あなたがもし”自分がよく見られたいがために嘘をつくタイプ”なら、自分に聞いてみて下さい。

「嘘をつくことで、本当に自分は他人からよく見られているのか?そしてそれをちゃんと確かめたのか?」っていう風に。

すると、たいてい答えはNOなんですね。だってほとんどの思い込みには根拠がありませんから。

ただ、あなたが人からよく見られるかどうかとは別に100%起こってしまう現象があります。

それは、「あなたの自己肯定感が下がる」ということです。

というのも、嘘をつくたびに

・自分はダメな人間
・自分は本音を見せると嫌われる人間
・自分は嘘で割増ししないと価値がない人間

という暴言を自分に対して何度も浴びせることになるからです。

では、ここでイメージしてください。

1、もらえるかもらえないか分からない100円
2、確実に失う1万円

どっちの方が、あなたにとって重要度が高いですか?

あなたが私と同じ感覚なら、迷わず2番を選んだはずです。

結局、嘘をつくときというのは、もらえるかどうか分からない100円にばかり気が行って、失う1万円が見えていない状況なんですね。

だから、もし嘘をつきそうになったら

・嘘をつくことで、本当に自分は他人からよく見られているのか?
・そしてそれをちゃんと確かめたのか?
・嘘をつくことで逆に失うものはどんなものか?

というチェックをしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す