その他

なぜ禁煙できないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sigaretta

やめたいけどやめられないものってたくさんあります。

その中でも、タバコは止めるのが難しいですね。よく分かります。その気持ち。

私も以前タバコを吸っていた時期があります。

その時は、こう思っていました。

●昔の私
タバコがストレスを癒してくれている。タバコがあるから人生にリズムができる。だから、もしタバコがなくなったら辛くなるだろうな~。

今私は禁煙して何年も経ちますが、こう思っています。

●今の私
何でタバコを吸っていたんだろう?タバコを吸っても余計ストレスになるだけじゃないか?タバコがない生活はお金もかからないし、何て快適なんだ!

どっちも、同じ人間の意見です。でもこんなにも違うのです。

私たちはいつも都合がいい方を選択します。

昔の自分にとって、タバコを吸うことは都合がいいことでした。

だって、タバコは「ストレスを癒してくれる」「人生にリズムを作ってくれる」魔法の薬だと思い込んでいたから。

でも、今の私は別の思い込みを持っています。

それは、「タバコはお金がかかる」「タバコは健康にも百害あって一利なし」「タバコはまわりの人にも煙たがられる(二つの意味で)」というものです。

思い込みが変われば、自分にとって都合がいいことも変わります。

では、どうしたら思い込みを変えられるのか?

それは、無理やりにでも新しいクセをつけるしかありません。

私が今持っているという思い込みは、禁煙してからより強化されました。禁煙するまでは「本当にやめてもストレスが増えないだろうか?」と半信半疑なところもありました。

でも、やってみるしかないんですね。一度体験すると、そこから強い理解(体験知)が生まれます。

その強い理解(体験知)が、新しい思い込みを作ってくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す