その他

変わりたいけど変われない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7f6913471e3891b10122d804983b0cc0_s

・ついキツい言い方をしてしまうクセを変えたいけど、変えられない
・自分で決めたことをやった方がいいと分かっているのに、できない

こういうことってありませんか?

結局、私たちが自己嫌悪におちいる原因って「変わりたいのに変われない自分が嫌」というのが結構あります。

なぜ、変わりたいのに変われないのか不思議だと思いませんか?

このテーマには理性と感情が関わっています。

例えば、あなたはお腹が減ったら何か食べますね?

「食べたいけど食べれない!」ってことは、なくないですか?
極端にダイエットしてるときだったらあるかもしれませんが・・。

でも、基本ないですよね?食べたいと思ったら自然に食べ物を食べれます。

このとき、理性と感情の声はこんな感じです。

理性→そろそろお昼だし食べといた方がいいな。
感情→腹減ったー!

理性と感情は同じ方向を向いていますね!?
だから、自然に食べ物を食べれます。

問題は、理性と感情が対立したときです。

例えば、キツい言い方を治したいけど治せない場合は、もしかしたらこんな感じかもしれません。

理性→キツい言い方は人に嫌われるから治した方がいい
感情→キツい言い方を治すと、自分は人からナメられて、みじめな気分になりそう・・・

もし、こんな感じで対立していた場合、たいてい感情が勝ちます。

人間の脳は、動物よりも理性的だと言われていますが、やっぱり感情の方がはるかに優位にできているんですね。

だから、変わりたいけど変われないとき、私たちは理性の言い分ばっかり聞いている可能性があります。

そのとき、感情はどういってるでしょうか?

感情にこう聞いてみて下さい。

「変わらないことは、どんな感情的に都合がいい事があるのか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加