その他

人と違う考え方の方が幸せになれるわけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人と違う感覚なのを極端に恐れる人がいます。

私のおばあちゃんがそうでした。

おばあちゃんは私によく言いました。
「人と人並みのことをやりなさい。」

おばあちゃんももちろん、近所のおばあちゃん友達に合わせる人生をおくっていました。

・まわりに合わせて畑に行き、
・まわりに合わせて野菜をつくり、
・まわりに合わせて陰口を言い、
・まわりに合わせて笑い、
・まわりと同じテレビを見て、
・まわりと同じように悩んでいました。

結局私のおばあちゃんにとっては「まわりと同じこと」が人生で大切なことだったのです。

でも、おばあちゃんは、いつも家で、物思いにふけって気分がふさいでいました。(本人がそうぼやいていました。)

私が何を言いたいかというと、「まわりと同じことを追求した結果、おばあちゃんは果たして幸せになったのか?」ということです。

まわりの人がみんな幸せに生きれているのなら、真似をする価値もあるでしょう。

でも、もしまわりの人が陰口を言う人ばかりだったら、それと同じことをしても絶対に幸せになりませんね。

そして、世の中では、幸せについてよく分からず、逆に自分を苦しめている人がほとんどです。

その世の中の基準をまねても、幸せにはなれないのです。

このお話をこのタイミングで聞いているということは、あなたはもしかして世の中のリーダーになって幸せな生き方を伝える人なのかもしれません。

そのためには、人と違う考え方、人と違う行動、人と違う言葉が必要です。

もし、あなたが「自分は人と違う考え方を持っている」と感じるなら、それはチャンスかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加