その他

執着の裏には○○

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーの堀口寿人です。

私たちはなぜ物事に執着してしまうのでしょうか?

執着すると幸せになれるから?

でも、執着で苦しんでいる人がたくさんいますよね!?

答えは

執着すると幸せになれると思っているから

です。

『思っている』というのがミソですね。

例えば、小さい子供をイメージしてください。

その子にはたくさんのおもちゃがあったとします。

そのおもちゃの中にはもう1年くらい遊んでいない、あることすらも忘れてしまっているおもちゃがあります。

そこで、お母さんが言います。

『もう、このおもちゃいらないよね!?』

すると子供は

『いる!』

って言うんですね。

これって子供だけじゃありませんよね?

つまり、私たちは自分が幸せになるために必要なものが何かをあんまり分かっていないのです。

だから、手当たり次第そばに置いておこうとします。

ですから、理性的に必要か、不必要かを紙に書き出してみると、意外と不必要なものが多いことに気づくんですね。

そのときにパッと執着を手放すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加