その他

今年もまた衝撃的な年賀状をいただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーの堀口寿人です。

前回、こちらの記事で年賀状のお話を書きました。

『生きている。その事が人の役に立っている。』
という名言が書かれていたというお話でした。

実は今年も同じ方から年賀状をいただきました。

『今年は何て書いてあるかな~』
なんて思いながら裏をペラっと・・。

ありました!

『人生は無意味だ』

ドカーーーン^^;

さて、あなたでしたらこの言葉をどう解釈しますか??

実は、これとても真実を言い当ててると僕は思っています。
というのも、私たちの悩みの根本にはほとんど執着が絡んでいます。

  • お金がほしくてがんばったけど思うほど稼げない
  • 自分の失敗をつい思い出して悩む
  • 好きな人ほどなかなかうまく行かない

なんてのはすべて執着のしわざですね。

言い換えると、執着はあなたにこんなメッセージを送っているわけです。

『あなた、これに執着しないと不幸になりますよ!』

って。

まさに執着の魔の声^^;

でも、お金がない人が不幸でも
失敗をたくさん人が不幸でも
好きな人ができないから不幸でも
ないわけです。

そこに、執着があるから不幸を感じるだけなのですね。

実は幸せに、

  • お金が多いか少ないか
  • 失敗をたくさんしたか、あんまりしていないか
  • 好きな人がいるか、いないか
  • どんな仕事をしているか

なんてのは関係ありません。

でも、私たちは執着の魔の声にしたがって、つい色んなものが必要だと感じて悪あがきしてしまいます。

そう考えると、私たちが普段がんばっていることは、それほど意味があるのでしょうか??

私たちが生きていくうえで最高の宿題は幸せになることです。
これ以上の宿題はありません。

執着は決して私たちを幸せにしてくれません。
そして、幸せになりたいなら執着を根底に行動してもあまり意味がないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加