感想

親の愛を感じられるようになった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

堀口寿人です。

私たちは実は多かれ少なかれ、子供時代のトラウマを抱えています。

(本当は誤解なのですが)、本来愛してほしかった人に見捨てられる感覚や、攻撃される感覚などが子供時代のトラウマをつくります。

そんなトラウマを通して両親を見た場合、両親は加害者にしか見えないのですね。

でも、本当はそこには子供時代には分からなかった両親の大きな愛があるのです。

--------▼ここから▼---------

私は両親から愛されていました。頭では、わかっていた・・。でも、愛されていると感じたこと、実感したことは、あまり無かったように思います。

問題のある家庭に育ち、生きているのがイヤだなぁとずっと思ってきました。大人になり、環境が変わっても、そんな私の重い心は変わりませんでした。

堀口さんのカウンセリングでは、当時の私の両親の立場に立ってよく考えさせられました。

そして『親の愛を感じていなかった』そう気付いた今、初めて私の心にも光がさしました。親は子供を愛している。そして、それを心で受け取ることの大切さを、今強く感じています。

私にも子供がいます。手伝ってくれたり、頼ったり。でも、そんなことが無くても、子供達の存在自体が私の支えになっています。私の両親も、そうだったのかもしれません。

子供は親を助けるために、生まれてくると聞いたことがあります。私は娘と親を両方経験し、本当にそうなのかもしれないなぁと感じています。

今は子供達に愛情表現のできる人になりたい、そう思いますね(^_^)

--------▲ここまで▲---------

もし、あなたが両親に愛されない存在であるなら、あなたは今生まれていないはずなのです。

あなたの幼少期にどんなことがあったかは分かりませんが、一つだけいいきれる事実があります。

それは、あなたが両親に愛されながら生まれてきたということ。

そのときのあなたの両親はどんな顔をしていたでしょう?

怒っていた?泣いていた?笑っていた?

大人である今のあなたなら、その当時の両親の気持ちが分かるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る