その他

知り合いが亡くなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーの堀口寿人です。

私は実は仏教心理学も学んでいます。

いわゆるお釈迦様の教えです。

それを一緒に学んでいた仲間が本日亡くなりました。

末期がんです。

2ヶ月前までは、仏教の講師をしておられましたが。

本当に、いつ何が起こるか分かりませんね。

仏教には『世のあらゆるものは無常である』との教えがあります。

私たちの、心であれ、体であれ、その他のあらゆるものはカチッととどまる事がありません。

たとえ一瞬でも。

例えるなら川の流れのように。

川とは、『川』という絶対的なものがあるわけではなく、ただ水の流れを川と呼ぶだけです。

私たちの体も同じです。

たんぱく質やら、アミノ酸やら、脂肪やら、それらが変化したり色んな物質と結びついたりする流れを『体』と呼びます。

絶対的な『体』があるわけではありません。

もし、絶対的な『体』があるなら、私たちは成長も老化もしないはずなのです。

もちろん死ぬこともありません。

でも、
無常だからこそ、苦しみもよくなる可能性があります。
無常だからこそ希望がもてます。
無常だからこそ明日は違う自分になれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加