感想

心配ではなく信頼できるようになりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

心理カウンセラーの堀口寿人です。

私たちは、よかれと思ってつい相手を心配してしまいます。

心配しているとき『相手のために』と本当に思っている気がするんですね。

でも、相手は本当にあなたの心配が欲しいのでしょうか?

とくに子供はその辺に敏感です。

--------▼ここから▼---------

子供のこと、つい心配をしてしまいます。

でも、堀口さんの話を聞いて、子供を信頼する、その子の人生だからと応援する、そんな気持ちになることができました!

ありがとうございます(^_^)

--------▲ここまで▲---------

あなたは子供の頃どうでしたか??

ご両親やまわりの人はおそらくあなたを心配したことと思います。

そんなとき、

『ああ、心配してくれてありがとう!』

って思えたでしょうか??

心配とは実は不信感の表れでもあります。

(私が構わないとあなたがダメになるから)心配するのですね。

お子さんを手放しで信頼できたとき、それはお子さんにとって大きな勇気となる事でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る