その他

なぜ将来に不安を感じるのか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーの堀口寿人です。

今回は『なぜ将来に不安を感じるのか??』というテーマでお送りします。

----------------

●この記事は、こんな方々を対象に書いています。

  • 仕事がなく将来に不安を抱えている方
  • 離婚を控え、将来に不安を抱えている方
  • これまで貯金してこなかった自分を責めている方

●今回のケース

離婚をひかえ、今後生きていくための仕事やお金について不安を抱えているケース。

----------------

確かに、年をとると仕事のこととかお金のこととかで何かと不安がよぎりがちですね。

その不安はよく分かりますが・・・

では、どれくらいお金があったら不安じゃないのでしょうか?

『○○万円』という額が決まっていたら、そんなに不安ではないでしょうね。

500万とか1000万とか。

おそらく、その金額が決まっていたとしたら、そんなに不安じゃないはずなんです。

『あと、いくら貯金すればいい。』

というやり方が自然と見えてくるはずなんですね。

もし、この方が『不安』を感じているとしたら・・・

それが決まってないのではと思います。

やはり、先が見えないものというのは怖いものですから。

例えば、

『1263万円あれば、82歳まで生きれます。』

と、言うように、そう計画できていれば、それほど不安を感じないと思います。

そして、

『貯金が出来なかった自分を責めてます。』

と、おっしゃる方がいます。

まるで、過去に対して『出来なかった自分を責めている』ような感じです。

『私の人生は、ダメな人生だったな』
『私は、こういうことが出来なかったな』

と、出来なかったことばかりを責めると、

『私、ここも×』
『あ、ここも×。こっちも×。ここにも×があった・・・』

と、いうふうに自分の過去にいっぱい、いっぱい『×』をつけてしまうんですね。

そして、現時点まできてクルッと『まわれ右!』をしたとします。

『さて、将来の自分をイメージしようかな。』

と思ったときに、この方はどうどういうイメージをするでしょうか?

おそらく、未来も『×』ばかりつけてしまうでしょう・・・

自分の過去に、ずーっと『×』ばかりつけてきたから、未来にも『×』をつけ続けてしまうのですね。

だから、今、それが『不安』という形で現れていると思います。

まず、1個1個確認されたらいいじゃないでしょうか。

『貯金が出来なかった・・・だから自分はダメ人間だ。』

でも、そこで自分に
『それって、本当かな?本当にそれだけで自分はダメ人間かな?』
と、聞いてみてください。

『貯金出来なかった人』
『貯金の出来ない状況の人』

って山ほどいるじゃないですか。

そのとき状況的に、貯金出来なかったとか。

  • じゃあ、そういう人は、みんな『ダメ人間』なのでしょうか?
  • 世の中の『立派だな』と思われる人はみんな貯金が何百万もある人なのでしょうか?
  • 本当にそれって関係あるのでしょうか?

ということを自分自身について、自分の身のまわりの人について、1回観察されるといいかもしれませんね。

要するに『不安』というのは、自分の妄想やとらえ方が引きおこしているんですね。

誰も『○○だから不安』という絶対的なものがあるのではなく、なんとなく、そういうふうに思ってしまう自分がいるわけです。

例えば、オバケは見えないから怖いじゃないですか。ぼやーんとしてるから。

オバケが、ハッキリと足があって、ハッキリと手があって、ハッキリしゃべれて、ハッキリ触れたらあんまり怖くないんですよ。

でも、それができなくて何か得体のしれないものだから、オバケが怖いんですね。

それと同じように、

得体のしれない、ぼやーんとした未来を自分で描くから怖くなり『不安』を感じるのです。

そんな感じで、ひとつずつ目の前のことから、

『これって、本当にそうなのかなあ。』

と、観察されてはいかがでしょうか??

すると、一つずつ妄想の霧が晴れて事実がはっきりしてくると思いますね。

例えば、離婚して、仕事もお金もつきて将来飢え死にしてしまうイメージをしてしまうとします。

そのイメージを『ホントかな??』と疑ってみて、実際にネットで調べたり、まわりの人を観察したりするわけです。

すると、オバケの足や顔がはっきり見えてきて、『実は自分の知り合いでした!』みたいなオチが待っているかもしれませんね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加