心理カウンセリング実例

心理カウンセリング実例5(最終回)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

心理カウンセラーの堀口寿人です。

さて、心理カウンセリング実例も
ついに最終回となりました。

5回もの間お付き合いありがとうございました。

それでは最終回をお読み下さい。

-------------

●Cさん
自分で自分に思いこませてるだけだよね?

▲堀口(カウンセラーに戻る)
『いらなかったら、もうクビになってるでしょ?』
って言ってあげて下さい。

●Cさん
あなたの事がいらなかったら、会社はとっくにあなたの事をクビにしてるでしょ!?
でも、社長までもあなたの事を認めてくれてるんだよ?
会社のトップがあなたを見放さなかったんだよ?
それは、あなたの事をちゃんと認めてるからなんだよ。

▲堀口(イメージの女性役)
そっか。そうでしたね。
私忘れてました、その事・・・
すごくまわりにたくさん支えてくれてる人がいる事を忘れてました。
ありがとう。。。

●Cさん
あなた必要な人なんです。
あなたじゃなきゃ出来ない事がいっぱいあるんです。
あなたにしか出来ない事があるんです・・・
だから、今は辛いかもしれないけど・・・
ちゃんとまわりが見てくれてるから負けないで。

▲堀口(カウンセラーに戻る)
はい。いいですか?

●Cさん
はい・・・

▲堀口
さて、今Cさんが言った事を、
Cさん自身が受け取る番です。

●Cさん
はい・・・

▲堀口
今Cさんが話した言葉一つ一つを
ゆっくり感じてください。
それはすべて自分から自分への愛の告白だったんです。

●Cさん
はい・・・

▲堀口
どうですか?
受け取れましたか??

●Cさん
はい・・・

▲堀口
じゃあ、これでカウンセリングを終わります。

●Cさん
ありがとうございました。

▲堀口
大丈夫だから^^

-------------

お読みいただきありがとうございました。

もちろん、心理カウンセリングに型はありません。

その時によって、その人によってお話も変わるでしょう。

でも、目的は一つです。

『本当によくなってほしい』

そう感じます。

これからますますお幸せでありますように^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る